a
   
titlill

PTGu9.1bへの変更点


ジャジャーン!
8月2日(ったら、もう1週間も前でござるが)、PTGuiの新バージョン(現在はβ版)が登場したようですね。一昨日、ダルマさん情報で知りました。

 PTGuiのページはコチラ

 どうやら、スゴイことになっているらしい。
 で、以下、新機能12項目! 一挙大公開!

1. 読み込んだイメージが「行列」で表示される?


 ギガパン用の自動雲台を使用し、マルチロウ(多行)の写真を読み込んだ時に、複数行に分かれて表示される、らしい。
 以前撮影した、360度パノラマ84カットをそのまま読み込ませてみましたが、これは従来通り。どうすりゃいいんだ? で、出だしが初っぱなからら挫かれた模様。
 要は、行と列が一定なフラットorシリンダータイプのパノラマ用みたいです。
 プロジェクト>Align to Grid・・・をクリックすると、各種の設定窓が出てきますので、ここで設定するのでしょう。これによって、空などのコントロールポイントの打てない写真の位置決めが数値でできるようになります。(次の項目も参照)

  ptgui

 


▲プロジェクト>Align to Grid・・・をクリック。






ptgui

 




▲行数や列数、撮影順などを設定します。








2. 青空などの配置が楽ちんに。


 コントロールポイントがないイメージは、隣の画像のあたりに配置されるようになった(らしい)。上の行列配置の効果でしょうか? 青空や白壁など、コントロールポイントができない画像は、従来は、画面中央に残されたりしましたので、風景や模様のない壁などを撮影する時は重宝するでしょう。
 しかし今は作例がありません。

3. コントロールポイントの自動生成が進化!


 従来のPTGuiのコントロールポイントの自動生成機能は、わりあい画面の片側などに偏って生成される嫌いがありました。例えばこんな感じ。

ptgui

 









▲PTGui9.04(前バージョンです)









 新バージョンでは、画面がオーバーラップした部分の全体に渡ってコントロールポイントが満遍なく生成されます。スゴイぞっ!

ptgui

 









▲PTGui9.1b(新バージョンです)








4. 収差補正のレンズシフトがデフォルトに!


 オプティマイザータブのレンズ収差補正のデフォルトの設定が「ヘビー+レンズシフト」に変更されました。
 PTGuiの説明には広角レンズという表記での説明になっているようですが、魚眼レンズのほとんどもレンズシフトがあって、この補正は必須項目でした。ただ、最初からこれを設定しても、Align Imagisを作動させると、なぜか「ヘビー」設定に戻っていたりして、手数が増えていました。  いやいや、これまた楽になりましたねぇ。

 先のコントロールポイントの自動生成に加え、この機能があるおかげで、自動揃えでかなり精度のよいステッチができるようになります。スゴイでぇ。

ptgui

 




▲初期設定で「ヘビー+レンズシフト」になっています。






5. コントロールポイントを大まかに削除できる


 コントロールタブで、シフトキーを押しながら画面をドラッグすると、矩形選択ができます。これでデリートボタンを押すと、その部分のコントロールポイントが全部削除されます。

 気が利いた機能ですね。

ptgui

 





< ▲シフトキーで矩形選択できます。








ptgui

 





▲デリートボタンで範囲内のコントロールポイントを削除。








6. 指定範囲のコントロールポイントを自動生成


 一カ所のコントロールポイントを指定した後で、シフトキーを押しながら画面をドラッグすると、矩形選択ができます。ここで右クリックをすると、コントロールポイントを自動生成できます。

 うわわっとうれしい機能。

ptgui

 






▲コントロールポイントを一つ指定してから範囲指定。そして右クリックで走査。






ptgui

 







▲コントロールポイントができました。








7. コントロールポイントの位置の表示


 コントロールポイントの位置を調整する時に、パノラマエディターやディテールビュア上にその位置が表示されます。

ptgui

 



▲コントロールポイントを一つ指定してから範囲指定。そして右クリックで走査。





8. パノラマエディタなどへの写真番号表示


 パノラマエディターやディテールビュア上にその写真の番号が表示されます。(パノラマエディタを個別写真表示にした時のみ)

ptgui

 




▲コントロールポイントを一つ指定してから範囲指定。そして右クリックで走査。





9. パノラマエディタからマスクやコントロールポイントへの移動が可能に


 パノラマエディターやディテールビュア上で右クリックをすると、メニューが表示され、そのままマスクタブやコントロールタブにジャンプして操作を継続できます。うわあ、こりゃあ便利だぞぉ。

ptgui

 




▲右クリックで、別メニューにジャンプ!





ptgui

 








▲右クリックで、別メニューにジャンプ!









10. クリエイトパノラマから写真の削除ができる


 クリエイトパノラマタブのアドバンス表示の画像のチェックボックスを外すと、下の「Remobe excluded images」ボタンが機能するようになり、これをクリックするとチェックを外した画像をプロジェクトから削除できます。何に使えるのか? わかりません。

ptgui

 






▲最後の最後で画像を削除?





11.ブレンドの調整が可能に


 クリエイトパノラマタブのアドバンス表示に、「Feather」調整のスライダがつきました。シャープでくっきりブレンド、ソフトでなめらかにブレンド、というような感じらしいです。絵柄によって調整するのでしょうか?

ptgui

 



▲効果は未だわかりません。






12.マスクタブが使いやすく


 マスクタブに二つの画像を表示でき、比較しながら操作ができるようになりました。また、パノラマエディターやディテールビュアにもマウスの位置が表示され、細かな設定が楽にできそうです。こんな機能が欲しかった~。どうせなら、マスクにボカシ機能がつけばうれしいですね。あと、コピースタンプツールなんかも。

ptgui

 




▲最後の最後で画像を削除?







・・・・・今回はここまで。



VRパノラマ関連の撮影と制作・セミナーを承ります!

 『きれい、わかりやすい、面白い!』VRパノラマを制作しています。
 いろいろな作品と技術の紹介をしているサイトはこちら

ちいでんパノラマ


お客様のご撮影
撮る、知る、学ぶ
写真道場とは?








    正午~午後7時
    火/水曜 休

    ☎fax
    044-433-7212





●赤字は不在日・休業日です。





大きな地図で見る

 道案内
    ↑クリック!