titlill

銀塩魂

 2008年に、玄光社「コマーシャルフォト」で連載した記事です。時代は銀塩からデジタルに大きく変化を遂げていましたが、それでも銀塩技術に誇りと愛着を持ち続けながら活動している会社や個人に取材させていただきました。フィルムカメラ、フィルムや印画紙、薬液の供給はますます厳しさを増していますが、当時とは形を変えた「銀塩魂」は2014年現在でも健在です。変わったようで変わらない、銀塩写真への愛の形をご覧ください。

 

1.フォトグラファーズ・ラボラトリー(原稿調整中)