a
   
titlill

『フィルムを通して写真を学ぶ』

 カラーネガフィルム、カラーリバーサルフィルム、モノクロフィルム。

今では、ちょっと懐かしい響きさえ感じてしまいますが、たかだか10年前までは、写真はフィルムで撮影するのが普通だったのです。

この連載では、フィルムの仕組みから始め、現像やプリントの方法から写真の全体像に迫ります。デジタル時代の今でも、露出や色などの知識の基礎は共通しています。

1997年にフォトコニカで連載した記事です。
もともとのタイトルは『どうなってまんねん?』でした。

 

1.写真フィルムの使い方・基礎編

2.写真フィルムの選び方

3.リバーサルフィルムを使う(Ⅰ) 露出を考える

4.リバーサルフィルムを使う(Ⅱ) 光を考える

5.リバーサルフィルムを使う(Ⅲ) 現像とプリント

6.リバーサルフィルムを使う(Ⅳ) 色を考える

7.カラーネガフィルムを使う(Ⅰ)

8.カラーネガフィルムを使う(Ⅱ)

9.モノクロフィルムを使う・Ⅰ

10.モノクロフィルムを使う Ⅱ

11.ネガフィルムを使いこなす。

12.中判・大判フィルムを使う。